つい先日、特定のテーブルのレコードが全削除されるような事件を、初めて目の当たりにしました。(私が関わってるわけでない)そこで再確認できたことは、アクセス権を渡すなら権限を絞ることの重要さでした。