特定のコマンドをラップースクリプトを作る時に気をつけている時のメモ。

TL;DR

  • PATHで解決できる場所の配置する
  • ラップするコマンドと同じ名前で作成しない
  • functionで定義しない

気をつけていること

普段気をつけていることは3つあります。

1. PATHで解決できる場所の配置する

PATHで解決できる箇所にないと、そもそも実行できません。 これはラッパースクリプトじゃなくても当たり前のことですね。

2. ラップするコマンドと同じ名前で作成しない

同名でラッパースクリプトを作ってしまうと、オリジナル側のコマンドを呼び出すのが結構面倒です。 そのため、他の名前で作成しておいて、エイリアスを貼るような形にしておくのがベターです。

# 例)rbenv-wrapperをrbenvとして扱う
alias rbenv='rbenv-wrapper'

3. functionで定義しない

functionで定義する場合、functionで定義する処理が実行されない場合、別のスクリプトファイル内から呼び出すのが面倒です。 そのため、1で書いた通り、PATHで解決できるところにラッパースクリプトを配置しておきましょう。