今回は軽めのrbenvラッパースクリプトを作成します。

TL;DR

updateしたいだけなら、rbenv-updateを使った方が良いよ。

rbenv-wrapper

PATHで参照できるディレクトリにrbenv-wrapperという実行権限付きのファイルを作成します

#!/bin/bash -eu
case "$1" in
    update )
        cd ${HOME}/.rbenv && git pull && cd -
        cd ${HOME}/.rbenv/plugins/ruby-build && git pull && cd - ;;
    * )
        command rbenv $@;;
esac

これでrbenv-wrapperが実行できるようになりました。 あとは、このrbenv-wrapperrbenvが呼び出されるように.zshrcなどにエイリアスを定義すれば完了です。

alias rbenv='rbenv-wrapper'

これでrbenvの軽めなラッパースクリプトの完成です。 ぶっちゃけ、updateしたいだけならrbenv-updateを使った方がいいと思います。