このブログはBloggerで書いてるんですが、下書きはMarkdownで書いています。 となると、HTMLに変換するツールが必要になります。 専用のコマンドラインツールを用意しているんですが微妙だったので、ウェブアプリとして作り直しました。

Markdown to HTML

Markdown to HTMLというのを、herokuで動かしています。 自分でパーサーなどを作っているわけではないので、技術的には面白みがないです。 md2htmlというリポジトリにコードは公開してあります。 <p>タグで囲いたくない(囲わなくていい設定にしてる)ので、こういうツールを作ったんですねー。

最後に

JSのライブラリもあるので、ここまでやる必要もなかった気がしますが、今回は普段使い慣れてるRubyでさっと書きました。 他にもãういうツールを、作っては捨て、作っては捨てしてるので、ある程度は残していこうかなと思いました。