自分に合うタスク管理ツールを求めて、早3年。 Webサービスを利用したり、ソフトを購入したりと、色々試行錯誤した結果、Trelloにまで来てしまいました。

タスク管理ツール遍歴

上から順に使ってきました。

  • メモ帳(紙媒体)
  • テキストファイル
  • OmniFocus2
  • Doit.im
  • JIRA

振り返ってきても分かる通り、色々なツールを使ってきているので、若人にはそれなりに痛い出費です。

メモ帳

Windowsのアクセサリにあるプログラムではないです(笑) 紙媒体のメモ帳です。 このメモ帳でも全然構わないのですが、決まった場所で働いていないこともあり、荷物としてかさばっていました。 そこで、電子媒体として使えるようにならないかと思い、メモ帳をやめることにしました。

テキストファイル

次にいきついたのは、テキストファイルです。 職場にVIMでタスク管理している猛者がいたので、「やってみようかな?」といった調子でやってみました。 その方は、Dropbox上にテキストファイルを入れておき、そのファイルをVIMで編集するということをしていました。

1週間程度は続いたのですが、なんだかんだでやらなくなってしまいました。 理由は覚えてないのですが、恐らくVIMで管理するというのが面倒だったんだと思います。

それでも、Dropbox+テキストファイルでタスク管理するのは、私には向いてないと思いますが、合う人であれば本当にいいやり方なのかもしれないです。

OmniFocus2

Macユーザーなら聞いたことがあると思いますが、これも使っていました。 それなりに便利だったんですが、2つ問題があって使うのをやめました。

  • 同期が頻繁に失敗する
  • 自宅のメイン機をWindowsに変更

同期が失敗するのが個人的にかなり致命的でした。 このあたりからゲーム活動を徐々に復帰していったので、Windowsでも動くようなツールが欲しくなってきました。

Doit.im

俗に言うWebアプリです。 OmniFocus2の時点でGTDの考え方が気に入りました。 それでGTDのWebアプリのこれを使い始めました。 これも余り覚えてないんですが、操作が若干しづらくて、いつの間にか使わなくなったという形です。

JIRA

機能が豊富なので、管理するのが面倒だったんです。 本当にそれだけです。

タスク管理ツールに求めるモノ

現在、私がタスク管理ツールに求めるモノは、以下になります。

  • GTDが(工夫すれば)実践可能
  • UIや操作が複雑でないこと
  • スケジュールタスクが可能であること(定期タスク)
  • Windows,Mac,Android,iOS上で動作すること

この求めるモノが、多いãTrelloに移行してみましたうかは人によるかと思います。 マルチプラットフォームに関しては、ネイティブアプリである必要はないため、ブラウザで動作すれば問題ないのです。

GTDが実践可能

私自身のタスク管理方法は、OmniFocus2を経験してからGTDを選ぶ事が多いのですが、Trelloが「GTD向きか?」と言われると難しいです。 工夫すれば、GTDっぽい管理は可能だと思います。 だからこそ、今回移行してみました。

Trello上でのGTDについては、こちらのブログが参考になると思います。

UIや操作が複雑でないこと

TrelloのUIや機能は、KANBAN方式なので複雑なことはありません。

スケジュールタスクが可能であること

有料プランにする必要はありますが、可能です。参考 有料プランにしたとしても、年額$45で済みãTrelloに移行してみました¾す。 この金額は正直言って、安いと思います。

定期的にタスクを作ってくれる機能は、忘却の手助けをしてくれ、頭を整理するキッカケにもなります。 また、習慣作りの手助けになります。

Windows,Mac,Android,iOS上で動作すること

私は仕事でもプライベートでも色んな端末を使っています。 そうなると、マルチプラットフォームであることは必然です。 Trelloはそれをクリアしていました。

最後に

Trelloが本当に相性がいいのかどうかは、まだ分かりません。 Trelloとの相性が良くて2,3年ぐらいは付き合っていきたいなとは思いますね。