ファイルの中身をコピーする時に、pbcopyが打つのが面倒

ファイルの中身をコピーする時に、毎回cat file | pbcopyって打つのが面倒だったので、zshrcに関数を定義しました。

function clip() {
    cat $1 | pbcopy
}

柔軟性はないけど、とりあえずはこれで十分かな。

Macにdirenvを導入する

仕事では1案件だけ集中して作業することもなく、複数の案件を同時に作業することもあると思います。(私はそう)
そういう時にディレクトリごとに、環境変数を切り替えたいっていう時が多くあると思うのですが、direnv使いましょう。

direnvのインストール

Homebrewユーザーなので、brew installするだけです。

$ brew install direnv

これだけです。
他のインストール方法は、READMEのInstallセクションを読んで下さい。

環境設定

READMEのSetupセクションを見て、必要な設定をしてください。
私の場合は、zshを使っており、direnvがインストールされていない環境でも使用する時が時々あるため、以下のコードを.zshrcに追記します。

if [ "$(command -v direnv)" != "" ]; then
    eval "$(direnv hook zsh)"
fi

direnv edit .というコマンドを使って環境変数を設定するために、.zhsrcにEDITORを変数する。

export EDITOR=$(where vim)

Gitリポジトリの設定

direnvを使って環境変数を設定すると、.envrcというファイルが作成されます。
が、このファイルをリポジトリにコミットするわけにはいかないので、除外しときます。

# direnv
.envrc

Mac miniを使ってみて 

そんな書くことはないんだけど、Mac miniを使って1年ぐらい経つと思うので、感想を。
あんまり参考になるようなことは特に書いてないと思います。

スペック

Mac mini(late 2014)でディスク以外を最上位にした。
詳細は覚えてない。

使用感

仮想マシンを1つ立ち上げて開発しつつ、Chrome50タブぐらいは割りと余裕。
ただ複数の仮想マシンを立ち上げるとなると、コア数が少ないから気になる。
コア数気になるなら、Mac Proでも買っとけばいいと思う。
Macである必要がないなら、BTOか自作した方が絶対いいけど。

最後に

普段開発する分には特に問題ない。
Mac mini買うぐらいなら、Macbook Pro買った方がいいと思う。
持ち運べるし。
Mac miniも持ち運べるけど…ね?